君がいる世界

そこにいるだけで素敵

フルーツパフェ4人体制ラストライブ -2021.6.30 華のスイヨウビ-

大阪24区ガールズ並びにフルーツパフェの推しが決まったその日、福島あろはちゃんの卒業が発表された。私はれいら推しになったものの、フルパをきっかけに「地下アイドルに少し興味ある」程度から「地下アイドルのオタク」になった身としてはとても悲しかった。

 

それから1カ月と少し後。悩みに悩んだ末、フルパ4人体制ラストライブに参加した。当日券のみの販売で予約する必要がなく、事前に枠が埋まるなんてこともなかったのもあって結構ギリギリまで悩んでいたが、行けてよかったと心の底から思えるライブだった。

 

 

開演前のハプニング諸々

会場は心斎橋SUNHALL。前回のバナナホールでは迷わずに行くことができたので、同じ感覚で行こうとしたら普通に迷った。心斎橋周辺で行ったことがあるのは道頓堀や松竹の辺りのみなので、慣れていない場所だと迷うのは当然だろっていう話ではある。バナナホールに限らず、最近初めての会場でも道に迷うことが少なかったからって調子に乗ってた

 

6時開場のところ、到着したのは6時5分頃。チケットを買い中に入ってみると、前回よりも女性が少なく感じて軽く挙動不審になる()。ドリンクチケットを2枚貰ったので、オレンジジュースと交換して飲もうとするも、思っていたよりも量が多くていきなり零してしまう。幸い服にはほとんどかかっておらず、腕にかかった分はすぐティッシュで拭いたのでその後は事なきを得た。ちなみにもう1枚のドリンクチケットは交換し忘れた。

 

 

ステージから見ると結構奥行がある会場だったので、後ろの方だと見えにくそうだと思った。しかし身長が低いので中途半端に前へ行くとかえって見えづらそうだし…と考えつつ、周りを見ながらペンライトをライトピンク(あろはちゃんのカラー)に点灯。すると、前にいた人(恐らく別グループのファンの方)に場所を譲ってもらい、最前列ではないものの見えやすい位置で見ることができた。

 

 

 

4人体制ラストライブ

セトリ

1.ごっつええ感じ

2.おでこKiss

3.しゅきぴ(カバー曲)

MC

4.メロンソーダ(カバー曲)

 

冒頭でも書いた通り、フルパは私を地下アイドルのオタクにしてくれたグループだ。だから4人が登場した時点で既に泣きそうになったものの、さすがに早すぎるのでそこは堪えた笑。フルパで一番好きな曲「ごっつええ感じ」を4人で披露しているところを見ることができてよかった。

 

「おでこKiss」では1番のサビが終わってすぐに間奏に飛ぶというトラブルがあった。慌てることなくすぐに対応していたのはさすがだと思ったが、こういったライブ会場での音響はどういう仕組みになっているのかがシンプルに気になった。

 

今回は20分セトリだったため、「メロンソーダ」の前にはもう1つのオリジナル曲が披露されるだろうと考えていた。しかし、そんな予想は良い意味で裏切られ、披露されたのはイコラブの「しゅきぴ」だった。フルパがたまにこの曲を披露していることは知っていたがセトリに入ることは少なかったので、イコラブも好きな私としてはこの機会に4人で披露しているところを見ることができたのは嬉しかった。落ちサビ前の台詞「ずーっと見てて」はれいらが担当していて、

 

そして最後は「メロンソーダ」。これが終われば卒業するというメンバーがいる中披露されたこの曲は、オタクとしてはより一層切なく聴こえた。れいらがわかりやすく泣きそうな顔をしているのに気付いてもらい泣きし、あろはちゃんが1人で歌った落ちサビ序盤では更に号泣。ライトピンクのペンライトに包まれながら、ラストライブは終わった。

 

 

 

物販

前回もそうだったが、物販の場所がわからず再び挙動不審になる。結局前回も今回も周りにいた人たちに着いて行った。こういった物販に限らず、ライブで初めて行く会場の時は大抵そうしておけばどうにかなる

 

この日で卒業するあろはちゃん目当ての人は当然多く、あろはちゃんだけの列と他のメンバー混合の列が作られた。最後の挨拶がしたい人が多い中新参者の私が行く気にはなれなかったし、そもそもなるべく早めに帰りたかったので混雑が予想されるあろはちゃんの所へ行く予定はなかった。しかし本音を言えば1回ぐらいは行きたかった…。

 

24区も含めて、れいらのところへ行くのは3回目。1カ月ぶりだったが「久しぶり~」と言われてとても曖昧な返事をしてしまった。というのも、メジャーアイドルを推していると同じ人の現場と現場の間が年単位で空くことが少なくないため、その間隔が1カ月だと久しぶりと感じられないから。しかし地下アイドルは毎週のようにどこかしらでライブをしているので、1カ月空いてしまうのが結構間隔を空けているように感じるのかもしれない。

 

そして、この日はみなちゃんと初めましてした。みなちゃんはSHOWROOM配信を覗いたことが数回あったのだが、私の名前を言うとたまにSHOWROOMに来ていることやTwitterで24区についてツイートしていること、更に前回のライブの感想をツイートしていたことまで覚えていたということでとても驚いた。自己紹介の通り、元気でしっかりしているという印象のメンバーだった。

 

 

 

女性アイドルを推し始めて5年。その間に何人ものメンバーの卒業を見てきたし、推しの卒業コンサートはライブビューイングでだが参加したことがある。しかし、こうして「卒業の瞬間」を見届けることができたのは始めてだった。

 

ずっと推していたわけじゃない。このグループを推そうと決めたその日に卒業発表されて、現場で見ることができたのはこの日だけ。それでも、「福島あろは」がいる大阪24区ガールズと「あろは」がいるフルーツパフェを応援できた1カ月と数日間は確かに幸せだった。新参者だけど、最後の現場を見届けることができてよかった*1

 

 

あろはちゃん、卒業おめでとう。またどこかで会えたらいいけど、それまでは元気でね。

 

f:id:pastabolognese:20210703110555j:plain

*1:しかし物販終了の瞬間までは残ることができなかったため、本当の本当に最後の瞬間までは見届けられなかった