紫の夢と向日葵

紫を愛し紫に愛されたオタク

1秒先はもっともっともっと輝く

Jr.にハマってから2か月と少し経ち、なにわ男子にハマってからもうすぐ2か月経とうとしていた*12019年10月13日。本来なら2週間前に当たった初めてのJr.の現場かつ人生初の野外ライブに参加しているはずだったが、過去最悪の台風が日本に上陸するということで両日ともに中止になってしまった。そのお知らせを見た直後はショックでメンタルがやられそうだったけど、数分後には「台風の翌日に設営できるの?と思っていたしまあしょうがないか」とアッサリ切り替えた。

 

 

この日は一緒に参戦する子と別の場所へ行こうという話になり、エイトブンノニのロケ地と「ここに」のロケ地へ行ってきた。ライブに行けなかったのは残念だったが、これはこれで楽しかったしただ現場が中止になっただけの日にならなくてよかった~!なんて思いながら帰宅した。

Twitterではなにわ担が12日から「#エアGOGOEXPO」というタグをつけて、ライブに行ったかのような気分になっていた。私も参加しようか迷ったものの、想像力が乏しいので他の方のツイートをただ見ているだけだった。12日は(13日もだけど)イベント公式のアカウントがエア3Dプロジェクションマッピングを投稿していて更に盛り上がった。

当然13日もこのタグで盛り上がっていたが、途中でジャニーズWebの連載で流星くんがこのハッシュタグを書いている!と話題になっているのを見た。トレンド入りしてネットニュースにまでなったし、ちゃんと届いているんだなと思っていた。

その数分後、ロケ地巡りの感想ツイートで間違えた部分があったのでそれを修正するためにTwitterを開いた。

 

 

 

一瞬、目を疑った。

 

 

 

 

ファンが盛り上がっていたタグに、まさかの本人が登場した。本来なら公演終了時間だったであろう時間に合わせて投稿されたその動画をすぐ見なければ!と思い(でも他にすることがあったので本当にすぐには見れなかった)、見た。

最初は元気そうななにわ男子の姿を見ることができて笑いながら見ていたのに、「GOGO~EXPO~!」と言ったところで泣いてしまった。本当に直前まで笑顔で見ていたのに、突然涙が出てきた。おかげで、エア銀テープ飛んでた場面はろくに見れていない。笑

その時の私には「嬉しい」という感情しかなかった。見ることができない光景を、最初思っていた形とは違うとしても見ることができたから。なにわ男子がその光景を見せてくれたから。実際現場に行ったわけではないのに、現場に行ったかのように興奮していた。

 

そして、これだけでは終わらなかった。終わらせてくれなかった。西畑くんと関ジュが出ているラジオ番組とれたて関ジュース(通称とれ関)を聴いている途中でTwitterにこんなものが流れてきた。 

こんな時間に投稿されること自体驚きだったが、7人それぞれ家で撮影したということがサムネ画像から伝わってきて驚いた。というかまさかアンコールがあるとは思っていなかったので、更に興奮した。

 

 

どれもこれも想定外のことが起こり、長い夢でも見ていたんじゃないかと未だに疑ってしまう自分がいる。けれど、どれも現実に起こったことである。こんなことってあるんだと、奇跡のようなこの出来事も起こってしまうんだと、一夜明けた今でも興奮している。

今年は上半期楽しすぎたからもう運を使い果たしてしまったんだろうなとネガティブになっていたけど、そんなネガティブな考えもなにわ男子が吹き飛ばしてくれた。ファンのことをこんなにも幸せな気持ちにさせる彼らはまさに「アイドル」なんだと、この日思い知らされた。

 

アンコールではっすんが「ダイヤモンドスマイル」を歌っていた。彼らによく合っているこの曲が大好きになった。

 

 

 

 

 

来年こそは、晴れた空の下で。

 

f:id:pastabolognese:20191014171214j:plain

photo 2019.8.26

*1:なにわ男子にハマる前HiHi Jetsにハマった。そちらの自担に関しては復帰待機中。