紫の夢と向日葵

紫を愛し紫に愛されたオタク

自担が一回りまたは二回り以上年上の人ばっかりな私が突然同い年のジャニーズに落ちた話

V6をきっかけに始まったジャニオタ人生、そこからどんどん色々なグループにハマっていくたびにそのグループの平均年齢が下がっていきました。文字通り「降りる」とはこのこと。まあ厳密に言えばどのグループの担当も降りてないけど。でも自担Gたちのメンバーの年齢は上が28歳上、下が12歳上と最低でも一回り年上の人ばかり。

そんな私に!ついに!!年齢が近い自担ができました~!!!しかも年齢が近いどころか同い年!!!!

ジャニーズのグループに新たにハマるのはNEWS以来4年ぶりということで、結構久々な感覚もしています(何が?)。しかも色々とデジャブしか感じてない。

 

 

きっかけはNEWS目当てで見ていたMステ。NEWSにハマって以降いつ誰にハマるかわからない!と考えるようになり、録画したものの中に出演しているジャニーズのグループのシーンはどれも残すようになっていた。リアルタイムで見る場合も特に注目するようになり、この日はNEWSの他にキンプリことKing & Princeも出ていた。

何となくNEWSの方が先だと思っていたらキンプリの方が先で「あ~キンプリか~」と思いつつご飯を食べながら見ていた。曲はシンデレラガールと…そっかアルバム発売されるからその曲か。そんな風に思いながら見ていたが、シンデレラガールが始まってすぐに事件は起きた。メンバーが1人ずつカメラに抜かれていく中、1人だけカメラとは少し違う方向を向いている人がいた。

 

その人がカメラの方を見た瞬間世界が変わった大袈裟に聞こえるかもしれないけどこの時の私は本当にそんな感じだった。

 

自分の中で何が起こったのかが本当によくわからず、ご飯を食べてる手も止まった。放送が終わってからNEWSの感想をツイートしようとした時も、髙橋海人くんの表情が忘れられず、NEWSの感想の後にその旨をツイートした。NEWSの出番が終わってからはひたすらTwitterで「髙橋海人」と検索かけていた。おかげでコヤシゲのハイタッチを見逃した。

 

そもそも私が最初に髙橋くんを知ったのは、当時ドハマりしていた欅坂目当てで見ていたMステだった。その時にデビュー前の平野くん、永瀬くん、そして髙橋くんの3人がMr.KINGとして出演していた。Jr.は全然興味がなかったものの、このグループの誰か担(多分平野担だったような気がするけど忘れた…)が親戚にいたのもあって見てみるか~みたいな感じで見ていた。放送を見て行く中で髙橋くんは自分と同い年ということを知り、ほぼデビュー組しか知らない私としては同い年のジャニーズはマリウスしか知らなかったので、嬉しかった。

先日のMステの後、Mr.KINGとして出演していた回のMステを探していたらなんと編集したにも関わらず欅坂の部分だけではなくMr.KINGの部分も残していた。なぜ残したのかはよくわかってない*1が、3年前の自分ありがとうとこの時ばかりは思った。

しかし私はハマったことをしばらくは認めようとはしなかった。理由はこれ以上金欠になりたくなかったから。ハマり方といい認めようとしない理由といいNEWSにハマった時とほぼ一緒すぎて笑う。その割にはTwitterでは毎日のように「髙橋海人」と検索かけてるし画像を保存する手は止まらないしで、いやそれハマってないと言うには無理があるぞ!?と思えるような状態になっていた。

そんな訳で私の小さな抗い(?)は空しく、Mステはアルバム発売前だったからアルバムフラゲできるな?という考えに至ってしまった。学校までの通学途中にCDショップがあるので、フラゲ日にちゃっかり初回盤を購入。少クラは見ていないのでNaughty Girlがどんな曲かも知らなかったのに、MV付きの初回Aを選んだ。Jr.時代の曲の音源はこれから先絶対貴重なものになるし初回Bもめちゃくちゃ気になってたのに、何故か初回Aを選んだ。しかしこれが沼落ちへの近道となる

 

何気にキンプリのシングル曲は3曲とも知っていたので、今回のアルバムのジャケ写を見て「いつもと違う感じだな」と思った。帰宅後すぐにDVDをパソコンに入れ、再生し始めた。そしたら、私にとっては今まで見たことのないキンプリがいた。

元々キンプリは顔が良い人の集まりだと常々思ってはいたものの、めちゃくちゃかっこいいと改めて思った。ダンスもあんなに踊るとは思っていなかったし(しかも上手いよね)、今までのキンプリのシングル曲のイメージとはガラッと変わった黒い感じになっていたのにも驚きだった。

キンプリの凄さがわかったところで、メイキングを見始めた。ここで髙橋くんが喋っているのを聞いて完全に沼落ちした。

何か名言(?)を言ったとかではない。Naughty GirlのMVではダンスも表情もバチバチに決めてきてめちゃくちゃかっこよくて、そのイメージのまま(しかもソロバージョンを全員分見た後に)メイキングを見たら、髙橋くんの喋り方がふわふわしていた。喋り方だけじゃなく、なんかもう全てにおいてふわふわしていた(?)し、ほかの人にはないような独特な雰囲気を出していた。

同一人物???

喋っているところを見たことがなかったわけではないはずなのに、衝撃を受けてしまった。メイキングの途中からいつの間にか「海ちゃん…」とか言うようになっていた(これはただのキモオタ)

そこから少クラでまっすーのソロ曲Remedyを歌っている動画を見たり雑誌を立ち読みしたりキンプリが出てる音楽番組を見たり*2…と順調に沼に沈んでいっている途中。海ちゃんだけではなく、他のメンバーにもハマりつつある。

 

 

 

私が海ちゃんを知ったのはJr.時代だったけど、顔と名前が一致するようになったのはKing & Princeとしてデビューすることが決まった後。ZIP!内のコーナーGINZA DEBUTで岸くんと海ちゃんが書道をしている回だった。デビューへの抱負を一文字で書いてくださいと言われ、岸くんは「希」と書いたのに対して海ちゃんは「沼」と書いていた。

「自分のことを気になってくれた人、好きになってくれた人を絶対に逃さないということで、自分の沼に絶対にはめてやろうということで。」

最近この動画を探して見てたら海ちゃんがこれ言ってる時の岸くんの顔が面白かった。

最後に「奥深いはずなんだけど…なんか…(笑われるなんて)心外だな」と言っていたけど、オタク用語である「沼」をまさか沼側の人が使うなんて思わないじゃん!とリアタイしていた時は笑っていた。そしてこれで海ちゃんのことを「沼発言した人」だと覚えた。

1年前の自分へ。まんまとその沼にハマってしまいました。そして海ちゃんへ。海ちゃんが言う通り沼でした笑ってごめんなさい。

*1:この頃事務所担になりそうなぐらいの勢いでジャニーズが好きだったから「まだデビューしてないけどジャニーズだし残しておこう」みたいなノリで残したんだと思われる…

*2:でもバズリズム02はまだ放送されてないんだよな…録画忘れないようにしないと