紫の夢と向日葵

紫を愛し紫に愛されたオタク

平成最後の現場の前に

新年度に入ったので(?)、このブログの書き言葉(?)を前のように戻します*1。というかなぜ急にレポートみたいな書き方になったんだろう…自分でもよくわからない。

もうすぐ平成が終わります。とは言っても、令和になってもすぐに何かが変わるわけではないと思うんですがね。あ、令和になった瞬間に自担がアラフォーになります。

特にこれが書きたい!というのがないので話に繋がりは一切ありません。

 

 

めちゃくちゃ個人的な話題。大学入学して2年目にして転学科しました。慣れるまでストレスが溜まっていたし前の学科とは学ぶことが全然違うけど、元々その学科にいた友達が1人いたおかげで新しい友達はできたし今はなかなか楽しく過ごせています。

前の学科が専門的なことを学ぶ学科だった為、授業が被ることがほとんどなく前の学科の友達とはあまり遭遇しない…のだが、今月の授業1週目はなぜか遭遇率が高かったな(笑)。

 

乃木坂の推しである鈴木絢音ちゃんが2度目の選抜入り。前回選抜入りした時は行けなかった*2ので今回は行くしかない!とただでさえお金がないのに申込んだ。そして2枚とも当たったので、推しとの初握手行ってきます!!!!

 

そして…山口真帆さんについて。このブログでは敢えて触れなかった(Twitterでは結構話題に出していた)けど、もうここでも触れます。

この件で女性としてはもちろん、アイドル好きとしての怒りがおさまらない。私が大好きな坂道グループは無関係ではないし、アカリンはグループが違うけど系列は同じだし、私が元々応援しているアイドルは無関係とは言えないから。もちろんこの系列のグループ全部がそうだとは言えないし言わない。けれど、たかがファンだけど、こんな事が起きてしまっては私が大好きな人たちがそこにいるというのは不安に思えてしまう。

今回卒業発表した山口さん菅原さん長谷川さんを持ち上げて他のメンバーを叩く人たちもいるがそれは違うと思う。なぜ反発しないのかという声もあるが、10代20代の女の子が実際あれほどの組織に立ち向かうということをするのは中々難しいことのように感じる。というか一番駄目なのはメンバーじゃなくてAKSと厄介オタと呼ばれてる人たちだからね…

色々書いてきたけど、20年弱真面目なまま生きてきた私からも、真面目な人がちゃんと報われる世の中になることを祈っています。

*1:敬語と話し言葉が混合された書き方

*2:でもその時の京都は休みになっていたみたいなので握手券買えてたとしても行けなかったんだな…