紫の夢と向日葵

紫を愛し紫に愛されたオタク

6年という歳月、2月20日という日

2013年2月20日。V6の(当時)3年ぶりのアルバム「Oh! My! Goodness!」発売日および剛くん34歳の誕生日。メンバーの誕生日にアルバム発売っておめでたいなと思ったのと、1ヶ月少し後に控えた私の人生初ライブへのワクワク感は今でも思い出せる。

そして2019年2月20日。NEWSの記念すべき10枚目のアルバム「WORLDISTA」発売日および剛くん40歳の誕生日。WORLDISTA発売日を知って「あ、剛くんの誕生日じゃん」と思った時、6年前を思い出した。

さらに、今日は元乃木坂46のななみんこと橋本奈々未ちゃんとまりっかこと伊藤万里華ちゃんの誕生日でもある。2年前の今日はななみんの卒業の日で沢山泣いたし、それから1年も経たないうちにまりっかも卒業して沢山泣いた。

 

 

 

 

2月は私にとって特別な日が多い月だが、とりわけ2月20日という日は特別が詰まっている日である。おじいちゃんの命日、りななんの命日、そして今年の2月11日には日向坂への改名が発表され、また1つ特別が増えた。

6年という歳月が私にとっての特別を増やしたのだと思っている。あの時思い描いていたものとは違うかもしれないけど、あのガキ臭さが抜けてない痛い中学生の頃から今まで続けられていてよかった。

このままオタ歴10年まで突っ走っていけた暁には、またV6のライブへ行きたい。ていうか絶対行く。

 

6年で変わったことといえば。

WORLDISTAのツアー大阪広島福岡申し込んで全滅した。前回のドームが当たったとはいえ普通のツアーで全滅したのは初めてなので、発表されてすぐに見てしばらく沈んでいた。しかし、広島は同担の友達の、大阪はかえちゃんのおかげで参戦することになった。こういう協力するときに限って友達に頼りっぱなし(こういう時に限って働かない自名義)で申し訳ない気持ちもあるが、2人には本当に感謝しかない。

何が言いたいかと言うと、6年で変わったこととは(オタ友にしても非オタにしても)いざと言うときに(?)頼れる人がいるということ。頼る理由はその時それぞれだが、何でも1人で解決させようとするのはやめようと決めた。

 

1人で出来たことなんて 10もなかったのかも

 

Strawberryでまっすーがこう歌っている。本当にその通りだと思う。

たかが6年、されど6年。あの頃はわからなかったことも今ならわかる。

f:id:pastabolognese:20190220161440j:image