紫の夢と向日葵

3人中3人が紫

GR8ESTレポ

ロスが酷い。

結論を一言で表すとこれです。絶賛GR8ESTロス中。しばらく関ジャニ∞の話でうるさくなると思います。一昨年のデジャヴ。なんかNEWSにどっぷりとハマった一昨年の自分を見てるみたいだ…。

前回の記事で散々語ったじゃないか!と思われそうだけど、まだ語り足りないんですよ。でも多分そんな大層な内容じゃないと思う。

前回の記事よりガッツリネタバレがあるので、これから参戦予定の方は読まない事をおすすめします。歌割についても(わかる範囲で)書いています。

 

 

セットリスト

1.応答セヨ

2.ここにしかない景色

3.NOROSHI

4.言ったじゃないか

5.なぐりガキBEAT

6.ココロ空モヨウ

7.Heavenly Psycho

8.BJ

9.ズッコケ男道

10.無責任ヒーロー

11.LIFE ~目の前の向こうへ~

12.オモイダマ

13.今

14.へそ曲がり

15.ER2

16.がむしゃら行進曲

17.わたし鏡(Vocal:安田章大)

18.torn(Vocal:錦戸亮大倉忠義)

19.パンぱんだ(Vocal:横山裕丸山隆平)

20.LOVE & KING(Vocal:村上信五)

21.ひびき

22.涙の答え

23.キング オブ 男!

24.罪と夏

25.CloveR

26.前向きスクリーム!

27.大阪ロマネスク

28.Sweet Parade(アンコール)

29.パノラマ(アンコール)

30.あおっぱな(アンコール)

31.ここに(アンコール)

 

以下、特に印象に残った曲の感想を。前回の記事で曲名が上がっているものは基本こっちに感想は書いてません。

1.応答セヨ

オープニング映像の地点で、いや会場が暗くなってペンライトがついた地点でもう号泣していたので、もうぐっちゃぐちゃ(私が)。覚えているのはマルの髭に衝撃を受けた(いい意味でね)のと、最後のサビ前のパートをマルが引き継いでいたということ。マルばっかり。髭マルかっこよかったよ。

2.ここにしかない景色

エイターになった初期から大好きな曲の1つ。この曲を聴けたことが本当にほんっとうにうれしくて、泣きそうになりつつも笑っていた。泣き笑いってやつ(始めからそう言え)。あと気持ち良過ぎて所々目を閉じて聴いてしまった。この曲自体気持ちいい感じだけど、生で聴くと本当に気持ちいい。

ちなみにBメロのメインのパートは亮ちゃんが歌っていたので、途中までずっと亮ちゃんだけが歌っている…みたいな状態になってた。

4.言ったじゃないか

母にも私にもネタ曲扱いされているこの曲(バカにしてるとかではなくて大好きだよ!)(主にMVとMステのせい)。ライブで聴くとこんなにかっこいいんだ!と驚きだった。あとまさかのムビステで移動したのも驚き。バンドの時はずっとメンステにいるままだとばかり思ってたから…。

5.なぐりガキBEAT

まさかバンドでこの曲が披露されるとは…。正直この曲はあんまり興味がなかったけど、この曲もかっこよさに驚き。絶対バンドver.の方がいいって…。

7.Heavenly Psycho

私は歌(コーラスじゃなくてポップスの方)を習っていて、初めて発表会で歌った曲がこの曲だったので個人的に思い出深い曲*1。初期の方かリメイクされた方なのか…と思っていたらリメイクされた方で、クロニクル7人最後の回を思い出して少し泣きそうになった。最後の亮ちゃんとの掛け合いはマルが引き継いでいたのもまた泣きそうだった。

8.BJ

歌いだしは大倉くん。2番の最初も大倉くんの声がピッタリだもんね~なんて思っていたら2番のサビ終わった直後のパートを、私がBJで一番好きな部分をマルが歌っていた。BJもエイターになった初期から大好きな曲の1つで、しかもその曲の一番好きな部分を自担が歌うとなるともう泣くしかない。

9.ズッコケ男道

10.無責任ヒーロー

どちらのバンドver.もテレビやらアルバムやらで聴いた事はあったけど、バンドってやっぱりかっこいいなと。特にズッコケ男道ではヨコがメインになっていて(これは本当に予想外だったから驚いた…歌上手くなったね…)、そのヨコがめちゃくちゃかっこよかった。

余談:ズッコケでヨコがマルに絡みに行った時エイターが湧いた(私も湧いた)けど、その様子を見た母が引いてた…(汗)。

11.LIFE ~目の前の向こうへ~

この曲は2回目の発表会で歌った曲。ちょうど去年の7月だったので、1年後にこんな事になるなんて夢にも思ってなかったな~なんて思いながら聴いてたら泣いた。

12.オモイダマ

あそこのパートはヤスが合いそうだな~なんて思っていたら想像の何百倍も合っていて泣いた。

 

後半に入る前にはKura Tok。ヤンマーの曲「アイスクリーム」に乗せて踊るヤスが可愛すぎたけど、その後亮ちゃんが照れながらやってるのも可愛かった。失敗して「これが30代の限界」とか言ってたけど亮ちゃん、ヤスと同い年だよ…?(2人とも可愛い)

そしてその後は今流行りの(?)アゴ乗せ。わー自担可愛いー❤とかなんとか思っていたら最後にまさかのヨコヒナで会場の湧きようがすごかった(私も湧いた)。なんていうか、歓声がすごかった。さすがヨコヒナ…。

 

15.ER2

歌いだしの大倉くんがめっちゃかっこよかった…。

18.torn

今回のユニット・ソロコーナー*2はGR8ESTだから人気曲を集めたんだろうなという感じだった(というかユニット・ソロコーナーがあるとは思わなかった)けど、どれも今になって聴けるとは思わなかったので嬉しかった。調べてみたらわたし鏡(本家)が最後に歌われたのは2008年らしい。十祭でマルが歌っていたのもあってそんな気がしなかったけど驚き。

十祭しか見た事がない故にヨコヒナのイメージしかなかったが、本家はやっぱりかっこよかった。そしてこちらも本家が最後に歌われたのが6年前の8ESTだと後で知って驚き。

そういえばtornの画像を見てると大倉くんだけ帽子を被っていたり2人とも帽子を被っていたり、はたまた2人とも帽子を被っていなかったりするのは何なんだろう。多分特に意味はないとは思うけど…今回は2人とも帽子なしだった。

19.パンぱんだ

双子のパンダ来た~!そんなテンションの曲じゃない。

半そでで夏仕様になってるのも驚きだったが、スクリーンに流れている映像のパンぱんだがガチパンダすぎて驚きの可愛さだった(分かる人にしか分からない表現)。そして前回の記事でも言ったけど、最後に照れてるヨコ可愛い。逆に何でマルが照れてなかった(ように見える)のかがちょっと不思議。

20.LOVE & KING

今回のユニット・ソロの中では比較的新しめ。前回の記事でも書いたけどKINGがこんなにかっこいいとは思わなかった。ちょいダサ目だけどめちゃくちゃかっこいい。そんでもって途中から出てきたtornもかっこよかった。

21.ひびき

これの前の映像で変顔してるヨコヒナが面白すぎて未だに思い出し笑いしてしまう…(細かい事はちゃんと覚えてない←)。そして曲振りでヨコが「ひびきー!ひびいてー!」とか言ってからイントロ流れて、良い曲なのに笑いが起きてしまった…振れ幅おかしいグループ…。

23.キング オブ 男!

ひびきからの涙の答えからのこの曲ってだから振れ幅おかしいって!!!!

最後らへんの気まずいコンビのところどうなるんだろう…とすごい気になっていた(ネタバレは全然見ないで行った)ら、亮ちゃんが1人で歌っていてりょおちゃあああああああん(;O;)ってなった。泣いた。この曲で泣く時が来るとは思わなかった。あとなんかすごい亮ちゃんのこと抱きしめたくなった(キモ)。

27.大阪ロマネスク

なんだかんだ全編通して、すばるくんがいなくなったことへの寂しさはほとんどかんじていなかった。6人の関ジャニ∞も受け入れることができた。だけど、この曲の時だけはすばるくんがいないことが寂しくて泣いてしまった。

歌割は最初は全員で、1番のAメロ:大倉くんBメロ:ヒナ、2番のAメロ:マルBメロ:ヨコ、Cメロ:ヤス、落ちサビ前半:亮ちゃんと大幅に変更されていた。何だか違う曲を聴いてるみたいで新鮮だった。

初めて十祭の映像を見た時「何これ!素敵!」と思った大阪ロマネスクの振り。関ジャムで披露された時やっていなかったのでやっていいのかどうかわからなかった(結局勝手にやってた)けど、最後の最後に6人がこの振りをやっているのを見て更に泣いた。かっこよすぎだって…。

28.Sweet Parade

なぜか知らないけど、ライブが終わってからずっとこの曲が頭の中でグルグル流れてる。

30.あおっぱな

変な踊りしてるマルのイメージしかなかったけど、マルの声って綺麗だなと唐突に思ってしまった。

31.ここに

9月5日発売の新曲。参戦する約1週間前にインフィニティレコーズのサイトでMVを見て「本当に6人なんだな…」と寂しく感じていたものの、ライブで聴いた時は前向きな気持ちだった。これからの、この関ジャニ∞というグループがどうなっていくかが楽しみで仕方がない。

 

最後に大倉くんがヤスのサングラスを取って(大倉くんありがとう)、ヤスが「ちょーんちょんって感じ~」*3とやって全編終了。

*1:発表会で歌ったのはリメイクver.じゃなくて初期ver.の方。というか発表会当時はまだリメイクver.が出てなかった。

*2:思えばユニット曲ありのライブって初めてだな

*3:この日のMCで絶好調だったマルがやったギャグ。ヤスもマルも可愛かった。